性風俗は儲かっているのか?

性風俗というのは、正直、儲かっているのか?お客側からしても、どうなんだろうと思うときもあるかもしれません。 では、実際に儲かっているのか?と言いますと、やはり、差は激しいです。性風俗も、やはり営業となりますので、たくさんお客が入り、お金をたくさん稼いでいる店もあれば、あまりお客がおらずに、ギリギリで経営しているところもあるでしょう。 もし、性風俗が均一的に儲かっているのであれば、店舗が潰れる、または廃業するということはないでしょう。 だから、ちゃんとした経営戦略をして、お客のニーズに応えているのであれば、ちゃんと儲かっているのですが、やはり、お客の事などを考えていないとなると、お客がいなくなり、結局潰れてしまうという事になります。 差は激しいと思ってもいいでしょう。特に激戦区になりますと、本当に生き残りをかけたバトル!と言った感じです。 いかに相手を蹴落とし、そして、自分たちのところにお客を集めるか、これが本当に勝負になってくるのです。

性風俗は肉体労働である!

性風俗は肉体労働です。キャバクラは精神的にきつい仕事ですが、性風俗に関しましては、完全に肉体労働であると覚えておきましょう。 やはり、性行為って疲れますよね、口でする、もし仮に本番行為があるなら、本番行為、またなかったとしても、やはり、お客の過剰な要求に応えるために頑張らないといけないなど、まさに肉体労働となるでしょう。 男性だって、行為をすると疲れるでしょ?それを1時間や2時間で終わるのであれば、まだいいかもしれませんが、場合によっては1日中であり、しかも、毎日、毎日やらないといけない。 まさに肉体労働といってもいいでしょう。 それじゃ、お客は遠慮しないといけないか?というと、そうではなく「無理ならいいよ」とか「ごめんね」と言う、声を一声かけるといいでしょう。 相手だって「お客だし」とちゃんとその要望を受け取ってくれるかもしれませんし、ダメでしたら「ごめんなさい」と謝ってくれるでしょう。 相手に一声かける、これが大事です。

女の子を労われとは言いませんが

性風俗は、まさに肉体労働です。本当にしんどいです、ストレスも半端ないでしょう。 決して、女の子を労え!とは言いません。何かを奢ってあげる必要もありません。しかし、性風俗は肉体労働であるということを覚えておきましょう。 それを覚えておくと自然と「お疲れ様」とか「ありがとう」って言葉が出るはずです。風俗嬢になりますと、そのような言葉が聞けなくなると言っています。 だって、それが普通だと思っているからです。身体を使っての性奉仕が当たり前だから、そのような事を言ってくれる人が少ないようです。 だから、笑顔でありがとう!って言ってくれると、女性は本当に喜び、もっと頑張ろうとなります。 こうすれば、風俗嬢と付き合うことはできなくても、もしかするとプライベートな関係にまで持っていけるかもしれませんよ。 素敵な笑顔は、素敵な出会いを生みますから、もしかすると、仲良くなれる可能性もありますよ。やってみてはどうでしょうか?